三菱自動車の今後はどうなるんですかね

三菱自動車の燃費偽装事件が世を賑わせています。

実際問題として、カタログスペックの燃費と実際の燃費の差なんて多くの自動車ユーザーにとっては当然のことであり、大騒ぎをするほどのこととは思えません。

しかし燃費データの改竄は長い間行われていたようで、擁護することは出来ません。三菱自動車の隠蔽体質はものすごいものですよね。

今後、三菱の車と言うだけでどんなに高燃費の車を作ったとしてもユーザーからの信頼を回復するのは難しいのではないかと思います。

そこで思ったことなのですが、これからの三菱はかつての名車を復刻していくって言うのはどうでしょうか。

今でもランエボ(ランサーエボリューションシリーズ)などは中古で高額で取引されています。

GTOのようなモンスタースポーツもまだまだ人気があります。

エコカーが幅を利かせるこのご時世に「燃費?何それ、おいしいの?」みたいな態度で燃費なんか気にしないスーパースポーツをどんどんと出していくのです。

大量に売れることは無いのかもしれませんが、絶対にニーズはあると思うんですよね。

もう普通の車を作ってもまともに売るのは大変でしょうからこれくらい振り切ってみたらいいんじゃないかなと思います。

とりあえず、ランエボとGTO、FTOあたりをもう一度作ってくれると良いなあ、なんて思ってます。