トヨタとGMの合作、ヴォルツ

トヨタとゼネラルモータース、日米を代表する自動車メーカーが共同開発したのが、ハッチバックとクロスオーバーSUVの融合体とも言える「ヴォルツ」です。2002年に日本市場に導入され、2004年に販売終了するまでの僅か2年足らずのモデルライフゆえ、今日の街中で見かけることは稀な希少車種となっています。

ヴォルツは5ドアのハッチバックという位置付けながらもSUV風な味付けがなされた、若者をメインターゲットにしたエクステリアを持ち、ボディサイズは日本の道路事情ではやや大柄な3ナンバーサイズで、全高の高さから立体駐車場へは入庫はできません。

エンジンは1.8L直列4気筒ガソリンエンジンのみで、トランスミッションは4速ATと5速MT(スポーティーグレードには6速MTも用意されました)、駆動方式はFFと4WDがラインナップされていました。

リヤゲートにはガラスハッチが装備され、ラゲッジルーム内は日産のエクストレイルのように汚れを拭き取りやすい樹脂製となっており、荷物を固定するデッキフロアレールやデッキフックを備えておりアウトドアグッズを積載するのに適した構造となっています。インパネデザインはシンプルで、速度計はオプティトロンメーターを採用しています。

やっぱりSUVはいいですよね。いまの車を那覇市車買取で査定してもらってSUVに買い替えしようかな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です