今年のWECはどうなる?

今年も、シルバーストーンからはじまった、世界耐久選手権。

去年は、復活二年目のポルシェの総合優勝で幕をとじた。

今年も、やはりポルシェが本命か?という気持ちで第一戦のシルバーストーンを見ていたら、予想外と言ったら失礼だけど、アウディが速かった。

ホントに、ポルシェとアウディの一騎打ちって感じで、トヨタは、残念ながら、その中には入れずじまい。

ま、トヨタ自身、今年はとにかくルマンに焦点を合わせています、とのことなので、良しとしましょう。

で、結局、第一戦は、アウディが勝ちました。

でも、どんでん返しが待ってました。

なんと、優勝したアウディが、レース後の車検で不合格。

ボディ下面の、スキットボードの厚みが、規定より5ミリ少なかったというのが、その理由。

+E16いやいや驚きました。アウディともあろうものが、そんなショボいミスで、優勝をふいにしちゃうなんて。

いずれにしても、今年は去年ほどポルシェの圧勝とはならない様子です。

できれば、ここにトヨタも絡んでくれると嬉しいんだけどな。

ところで知ってますか?トヨタの車は下取りに出すより買い取りの方が値段が付くんだって。詳しくは八戸 車買取で。

アウディの今年のマシンのデザインは、何ていうか耐久マシンと言うより、フォーミュラーカーに、カウルを乗っけたって感じのデザインで、見るからにやる気満々のデザインです。

あんな、ハイノーズの耐久マシンなんて、今まで見たことない。

ゲストの由良さんもびっくりしてました。

さて、第二戦はどうなるでしょうか?

アウディは、同じミスはしないでしょうから、今度こそ、ポルシェとガチンコの勝負になりそうです。

そして、ルマンへ。

今年もやっぱり、WECから目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です