トヨタとGMの合作、ヴォルツ

トヨタとゼネラルモータース、日米を代表する自動車メーカーが共同開発したのが、ハッチバックとクロスオーバーSUVの融合体とも言える「ヴォルツ」です。2002年に日本市場に導入され、2004年に販売終了するまでの僅か2年足らずのモデルライフゆえ、今日の街中で見かけることは稀な希少車種となっています。

ヴォルツは5ドアのハッチバックという位置付けながらもSUV風な味付けがなされた、若者をメインターゲットにしたエクステリアを持ち、ボディサイズは日本の道路事情ではやや大柄な3ナンバーサイズで、全高の高さから立体駐車場へは入庫はできません。

エンジンは1.8L直列4気筒ガソリンエンジンのみで、トランスミッションは4速ATと5速MT(スポーティーグレードには6速MTも用意されました)、駆動方式はFFと4WDがラインナップされていました。

リヤゲートにはガラスハッチが装備され、ラゲッジルーム内は日産のエクストレイルのように汚れを拭き取りやすい樹脂製となっており、荷物を固定するデッキフロアレールやデッキフックを備えておりアウトドアグッズを積載するのに適した構造となっています。インパネデザインはシンプルで、速度計はオプティトロンメーターを採用しています。

やっぱりSUVはいいですよね。いまの車を那覇市車買取で査定してもらってSUVに買い替えしようかな。。。

BMW・X4に対抗!! メルセデス・ベンツの新たなるSUVクーペ、GLE Coupe

メルセデス・ベンツが同社初となる「SUVクーペ」の新型車「GLE Coupe」を日本市場に導入しました。価格は890万円から1780万円までです。

 

永遠のライバルであるBMWのSUVクーペ・X4に対抗する形でデビューしたGLEクーペはスポーティーな走りを念頭に開発され、威圧感溢れるフロント周りと滑らかでスマートな傾斜のリヤゲートを持ち、SUVのダイナミックさとクーペの優雅さを併せ持ったクロスオーバータイプです。

 

エンジンには3.0LのV型6気筒ディーゼルターボと、3.0L・V6と5.5L・V8のツインターボのガソリンエンジンの3種類を備え、トランスミッションは7速または9速のオートマチック、駆動方式は全グレードで全天候型4WD「4MATIC」を採用し、路面状況を選ばず最適の安定した走りをもたらします。

 

モダンでラグジュアリーでスポーティーな車内空間には、8インチの大型ディスプレイを備えた統合システム「COMANDシステム」を搭載し、カーナビ機能から走行状況の確認まで幅広く対応しています。後部座席は大人がゆったりくつろげる広々とした足元空間が用意され、スイッチひとつで自動開閉するEASY-PACKテールゲートの向こうには最大1,720リッターの大容量ラゲッジスペースが確保されています。

 

だんだんSUVがほしくなってきてしまいました。それで思い切って今の車がいくらくらいするのか名護市車買取.comで査定をしてみたらなかなかの買い取り価格がつきました。