バットマンの愛車・バットモービルの歴代の遍歴(劇場・旧4部作版)

2016年に劇場版最新作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」が公開されたアメリカンコミックのヒーロー、バットマン。

昼はプレイボーイの大富豪、夜は悪党と戦う自警市民であるバットマンの闘いをサポートするのが、彼の愛車「バットモービル」です。バットマンシリーズはテレビドラマ化やアニメ化もされていますが、ここでは劇場版仕様(旧4部作)をご紹介します。

ティム・バートンが監督し、マイケル・キートンが初代バットマンを演じた「バットマン」(1989年)と「バットマン・リターンズ」(1992年)では、車体にジェットエンジンを搭載したロングノーズでロングホイールベースといったクラシカルないで立ちで、リヤにはコウモリの羽を模したエアロパーツが装備されています。

ヴァル・キルマーが2代目バットマンを演じた「バットマン・フォーエバー」(1995年)では、スケルトンデザインを施し車体後方に巨大な鶏冠のようなウィングを備えたアグレッシブなスタイルに変貌、ジョージ・クルーニーが4代目バットマンを演じた「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年)では2枚のウィングを備え、ボディは大型化、オープンカー仕様の1人乗りになっています。

九州で車を売るなら久留米 車買取で一括査定してみることをオススメします。きっと高い価格でうれるはずですよ。

今年のWECはどうなる?

今年も、シルバーストーンからはじまった、世界耐久選手権。

去年は、復活二年目のポルシェの総合優勝で幕をとじた。

今年も、やはりポルシェが本命か?という気持ちで第一戦のシルバーストーンを見ていたら、予想外と言ったら失礼だけど、アウディが速かった。

ホントに、ポルシェとアウディの一騎打ちって感じで、トヨタは、残念ながら、その中には入れずじまい。

ま、トヨタ自身、今年はとにかくルマンに焦点を合わせています、とのことなので、良しとしましょう。

で、結局、第一戦は、アウディが勝ちました。

でも、どんでん返しが待ってました。

なんと、優勝したアウディが、レース後の車検で不合格。

ボディ下面の、スキットボードの厚みが、規定より5ミリ少なかったというのが、その理由。

+E16いやいや驚きました。アウディともあろうものが、そんなショボいミスで、優勝をふいにしちゃうなんて。

いずれにしても、今年は去年ほどポルシェの圧勝とはならない様子です。

できれば、ここにトヨタも絡んでくれると嬉しいんだけどな。

ところで知ってますか?トヨタの車は下取りに出すより買い取りの方が値段が付くんだって。詳しくは八戸 車買取で。

アウディの今年のマシンのデザインは、何ていうか耐久マシンと言うより、フォーミュラーカーに、カウルを乗っけたって感じのデザインで、見るからにやる気満々のデザインです。

あんな、ハイノーズの耐久マシンなんて、今まで見たことない。

ゲストの由良さんもびっくりしてました。

さて、第二戦はどうなるでしょうか?

アウディは、同じミスはしないでしょうから、今度こそ、ポルシェとガチンコの勝負になりそうです。

そして、ルマンへ。

今年もやっぱり、WECから目が離せません。

アクセラ、CX-3など新しいデザインコンセプトで大躍進中のマツダ

ここ数年のマツダは、~魂動デザイン~というコンセプトのもとで魅力的なモデルを次々と発表しています。この~魂動デザイン~とは、「クルマを単なる鉄の塊ではなく生命感を感じさせるものにしたい」というマツダが打ち出したデザインコンセプトです。

2012年より始まった「魂動デザイン」が最初に投入されたのは、ミドル・タイプのSUV「CX-5」です。エンジンは、2.2リットルのディーゼル、2リットルと2.5リットルのガソリンエンジンを揃え、4WDはディーゼルと2.5リットルのガソリンモデルに設定されました。

その後、セダンタイプとステーションワゴンタイプの「アテンザ」が発売され話題を呼びました。内装や外装はさらに磨きがかかり、一段と所有欲を満たしてくれるものとなったのです。エンジンは、2.2リットルのディーゼル、ガソリンエンジンは2リットルと2.5リットルが用意されました。このモデルでは、4WDと6速MTにディーゼルを設定しています。

翌年になると、第三弾の魂動デザイン、「アクセラ」が登場。4ドアセダンと5ドアハッチバックがあり、圧倒的な美しいデザイン打ち出しに成功しています。こちらもディーゼルは2.2リットルで、ガソリンエンジンは1.5リットルと2リットルが用意されました。

第四弾は2014年、マツダの主力車である「デミオ」で、クラス唯一のクリーンディーゼルを搭載し「日本カーオブザイヤー」を受賞。エンジンは1.5リットルのディーゼル・ターボと、1.3リットルのガソリンエンジンです。エンジンを問わず4WDを選択できるようになり、MT、グレードなど選択肢が広がりました。

魂動デザイン第五弾は2015年に登場したコンパクトSUV「CX-3」です。デミオをベースに随所をアップデートさせクラスを超えた性能を実現している。エンジンは1.5のディーゼル・ターボのみですが、すべてのグレードに4WDをラインナップしています。

車の買い替えは下取りよりも中古車買い取りの方がお得なんですよね。私も車の乗り換えの際に車買取 帯広が役に立ちました。要チェックですよ!

高い走行性能や、美しさをとことん追究したデザイン。購入しやすい価格設定もマツダの躍進に繋がっていると言えます。